心配ごとだらけ

心配ごとだらけ

何かと心配事の多い私。

気が小さいと言うか、周りの目がきになると言うか。

もっと楽な生き方があるはずだと思うのですが、何事も気にしない能天気な生き方が出来ない私。

ホント堅物です。

でも、何かに気がつく事は自分のステップアップのためにつながる事だと思うから。

その心配や不安に対して自分で克服していかなきゃいけないなあと思っています。

心配性とか不安感とか劣等感とかって、自分に自信がない証拠って私がいつも上司に言われる言葉なのですが…

「お前はなぜ自分に自信がもてんのか!!!」って良く怒られます。

本当、それって自分の考え方次第で克服出来る悩みですよね。

でも自分の性格や長年培ってきた劣等VIBESや考え方、自分の中の闇とかネガティブな部分ってなかなか抜けきらなくて・・・ いつも格闘しています。

毎回反省しながら自分と向き合って、自分の性格の中で曲がった部分を軌道修正しながら、そこに気がつける事や気がつかせてもらった事に感謝して前向きに考えるようにしてます。

いつも不器用な私は上司や同僚に色々と指摘される事が多くて、いっぱい落ち込む事がありましたが、自分の欠点や反省点を人に指摘してもらえたり気がつかせてもらえたりする事って、自分自身のためになる事だから、ありがたい事です。

指摘された時は落ち込むけど、それでもここから前向きに歩く事が出来れば自分自身が成長できるチャンスなんだと思って、自分と向き合ってみるんです。

早く仕事でもプライベートでももっとしっかりしてちゃんと自信持って一人の大人の女性としてドシンと構えられる女性になれたらいいのですが…

みんな「自信」ってどこから沸いてくるのかな?

元々心配性家系の私にはまだまだ努力が必要みたいです。

おばあちゃんもお母さんもとても心配性な性格なので、私のDNAの中には根強い心配性DNAが組み込まれていますし。

おばあちゃんやお母さんの心配症ぶりをみると恥ずかしくなるくらい気が小さくて色んな心配してて「気にしなかったらいいのに…」なんて思うことも沢山ありますが、実際に自分の事となったら分からないものなんですよね。

心配事ばかりだと精神的にも神経的にも体に悪いみたいだし。

気楽に生きてみたいものです。

人気脱毛大阪|

お金を稼ぐって大変。

いつも会社の上司に怒られるたびに、自分の不甲斐なさとか傲慢さとか、強引で自分勝手な身の振り方に反省する毎日。

そんな風にしか自分を表現出来ない事とか、何とかしないとって焦って強がって空回りする事とか…

完璧主義で頭固くて空気読めなくて、いつも気を張って生きてて…

堅苦しい自分が嫌になる時もあるし、そんな私の行動や言動が会社の仲間たちを困らせているとも思うし…

仕事するのも人間関係ですから、人と付き合うのって大変。

得意分野ではないなって思います。

上司は厳しい人だけど、私の気持ちをはじめ、みんなの気持ちも考えて怒ってくれてるんだと思います。

だから、出来の悪い私を怒らないといけない上司にも、辛い思いをさせてしまってるって思いました。

もっと上司や仲間に信頼されたい。

そう思って頑張るのですが、不器用な私はなかなか仕事が上手くいきません。

人の二倍努力しないと人並みになれないタイプだから、いつもみんなに迷惑をかけるばかりで落ち込みます。

その中で、私をかばってくれたり、私をフォローしてくれる友人がいるから頑張っていけるのです。

でもそんな友人たちも、上司の気持ちも分かるけど私の気持ちも分かると言うところで板ばさみにさせてしまう事もあり、尚更落ち込む事もあります。

これまで、上司にはいつもコテンパンに怒られて来て、その度に心が折れそうになってきたけど、その度にみんなを巻き込んで、困らせてしまうから申し訳ないとは思っています。

でも、仕事仲間だから、気持ちは汲んでくれると思っていました。

でも、当初は誰も手を差し伸べてはくれなかったし、声をかけてくれる事もなかった。

だから、会社の中でみんなにとって、私は、理解されてない存在だと思っていました。

自分がいる事は迷惑なだけなんじゃないか、私はただの厄介者なんじゃないか。

私が居なかったら、みんな居心地良くやれるんじゃないか?私が疫病神なんじゃないかって…いつも自問自答してきました。

今、私は本当にがけっぷちです。

それでもまだ立っていられるのは、その中でも支えてくれる仲間がいると言う事と、それでも首にしないで居てくれる会社の配慮と厳しいけど私のために言ってくれる上司の優しさが理解できてきたからだと思っています。

みんなと共に努力しているこの頑張りを、形にしたい。

自分の可能性を信じたいし、もっと頑張りたい。

いつも、迷惑かけてばかりだけど、仕事があるから生活していけるのですし、まずはこんな私でも雇ってくれてる会社に感謝。

そしてこれからも頑張っていきます。